機械式時計が店舗を手入れが必要な理由

時計が好きな人にとっては、機械式時計は憧れであり、いい時計を一つは所持したいとお思いの方も多いと思います。

価格的にも高価な機械式時計です。

長く使用するためにも正しい手入れとメンテナンスが必要です。

なぜ手入れが必要なのか、というと、時計の性能は永久に保たれることはないためです。

時計内部には多くのギアや超速装置など、稼動している金属部品が多くあり使用期間が長くなるにつれ、摩耗や潤滑油の劣化など性能は自ずと低下するのです。

機械式時計の価値を決めるのはユーザー次第

前文により、定期的なメンテナンスの必要性は理解していただけたと思います。

しかし日常の使用において機能に不具合が生じたり、制度が目に見えて低下しない限り、自分からメンテナンスを受けようという気持ちにならないのが現状で、自発的にメンテナンスを受けているのは時計の仕組みを十分理解した愛好者くらいだと思います。

しかし、機械式時計は高価なものであればあるほど高度な精密機械です。

それを長く価値のあるものとして使用していくため、定期的なメンテナンスを行うかどうかでその時計の価値が決まると言っても過言ではありません。

メンテナンス前に知っておくべきこと

まず、メンテナンスを受ける前に時計に付属されている保証やアフターサービスの内容について理解しておく必要があります。

時計の状態は、同じ期間使っていても使用する環境や頻度により異なります。

例えばパッキンの劣化は防水機能を大きく低下させるため、定期的に交換することが必要です。

こういったメンテナンス項目を理解するために、事前にメーカーやメンテナンス会社のWEBサイトにアクセスし、調べておくととても便利です。

大切な時計を長くお使いいただくための参考になれば幸いです。

スイスの時計ブランドのウブロはサッカー選手とのコラボウォッチを販売しており、サッカー選手の愛用者も多いです。